« 吉井さんが | トップページ | DUDESの余韻 »

☆HEAVY ROLL FOREVER☆

HEESEY WITH DUDES「THE FAREWELL TOUR」に行って来ました。

2006年3月8日にこの日のDVD+CDがリリースされるので詳細を知りたくない方はこの先は読まないでくださいね、せっかくの楽しみを奪っちゃいますからね。

HEESEY WITH DUDESオフィシャルホームページ

最後のステージとあって今日はSOLD OUT!!200512072248000

去年のツアーで宇都宮、高崎と遠征して行ったときはライブハウスの大きさの都合で100~200人位だったりもしたのですがさすが東京!満員です。最後って事もありますがやっぱりいつもとは雰囲気が違いました。既に他の会場で観て来たファンもたくさんいました。

ライブはいつも通り激しくケバケバしいヘビーロールをブチかましてくれました。10月にセニョールさんが突如脱退してしまいどうなることかと思っていたところHEESEYさんの昔のバンド仲間のOMMYさんが新メンバーとして加入してくれた事により実現できたそうです。

このOMMYさん、DUDESのレコーディングなどにも参加されているのでオリジナルメンバーに戻ったと言ってもいいかもしれませんね。

OMMYさんを実際に観るのは、初めてでしたがカッコいいです!!かなり女性ファンの心を掴んでるでしょう。HEESEYさんが昔バンドを組むときにカッコよさに惚れてバンドを組んだとMCで言ってました。

OMMYさんの印象は70年代のジョー・ペリーのような感じです。ジョーを甘くしたような。ギターのプレイスタイルもカッコいいし、登場時やMC時にタバコを吸っていたのですが吸い方もカッコいい。絵になる人ですね。

オノチンは、プレイも冴えて喋れたりと最初の頃からするとステージ慣れしたなぁって思いました。

最近の衣装はトルネードマートが好きなようでシャツを着替えてもまたトルネードのシャツでした。

MADさんはブログでも語っていたようにテンション高くて、ドラムソロコーナーではファンにリクエストを聞きながらファンク、サンバ、へヴィメタル、スラッシュメタル、チーク、シャッフルと色んなリズムで叩いてくれて凄く楽しかったです。

「訴えられちゃうけど聴きたい?」

って呼びかけ呼応したファンに

「じゃあ共犯なっ」

って言って始まったのが「赤裸々GO!GO!GO!」でみんな大喜びでした。

これが後のサプライズに続くなんて思いもしませんでした。

メンバー紹介でMADさんに

「慎重な性格で石橋を叩いて叩いて叩きすぎて壊してアクセサリーを作っちゃう」(笑)

と紹介されたHEESEYさん。

「作詞、作曲をしてボーカルとりながらベースを弾いて」

とHEESEYさんの頑張りを称え

「HEESEYの大冒険は終わり」

って言われた時の感慨深げなHEESEYさんの目は少し潤んでいるようにも見えました。

そして・・・

アンコールでHEESEYさんが

「控え室に戻ったら、歌わせてくれって言ってるヤツがいる」、

「俺、同じ曲やるの嫌なんだよな」

って言いながら

「吉井和哉!!!」

と紹介。

場内大歓声!!

この瞬間を見て泣きました、嬉しくて嬉しくて、声を上げて。

ステージに上がりたくない時期のあった吉井さんがYOSHII LOVINSONの活動を経てこうやって盟友HEESEYさんのバンドの解散ライブのステージに飛び入りゲストとは言え一緒に立っていることに。

去年の「メカラウロコ・15」の時には考えられなかった。あの時は同じステージでもTHE TELLOW MONKEY解散後、日も浅くなんとなく温度差を感じました。HEESEYさんはいつもHEESEYでそのときも一人だけ衣装を着ていました。

この喜びは吉井さんが見られたからではなく一緒に立って居ると言う事の喜び。唯一無二のバンドの仲間としての繋がり。

吉井さんが歌ったのはHEESEYさんが作詞に悩んで吉井さんに相談し吉井さんが作詞して「500円でいいよ」(未払いで吉井さんが訴えるぞ!と冗談を言ったり)といいプレゼントした名曲「ならず者アイムソーリー」(歌う前に最高に価値のある500円と言っていました。)

この歌を凄く大事にしていてやらなかったライブはないと思います。

曲中にOMMYさん、吉井さんから歌いなよって促されても嬉しそうにベースに専念していました。

HEESEYさんのベースで歌うのが一番合うのは吉井さんであり、吉井さんの横でベースを引き倒すのがHEESEYさんには一番しっくりくるんです。

吉井さんは最後に

「ロックンロールゴリラ!!」

HEESEYさんを紹介してステージを去りました。

吉井さんはTHE YELLOW MONKEY解散の責任は自分にあると言っていたのでお詫びのような気持ちもあったのかな?と思います。

ライブが終わってもアンコール&HEESEYコールは鳴り止みませんでした、会場の撤収作業が始まっても。

解散の理由は

「1ベーシストに戻りたい」

ということでした。

自分は去年見たんです、ボーカルがセニョールさんの曲を始めてライブで演奏した時、ベースを弾き始めた瞬間の鬼気迫る表情を。それまで溜まっていたものを発散、放出する瞬間的なエナジーを。

このバンドでの経験は凄いと思いますよ。HEESYさんのこれからの活動が楽しみです。

会場には、吉井さんの他にもエマさん、アニーさん、三国さん(DUDESのレコーディングにも参加)が来場していたようです。メンバー全員が同じ空間に居たことが何よりも嬉しいです。

THE YELLOW MONKEYがいつか必ず帰ってくると信じてます。

☆HEESEY WITH DUDESの思い出の品200512082111000

メンバーサイン入りCD

MADさんのスティック

HEESEYさんのピック

大事な宝物です。

|

« 吉井さんが | トップページ | DUDESの余韻 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ライブお疲れ様でした☆
そうですか。。。メンバーが一同に会していた
ところに居られたのがとても羨ましいです(よだれ)
僕もYELLOW MONKEYが帰ってきそうな気がします。

投稿: kabu | 2005年12月11日 (日) 23:25

1997年に「レッド・ウォーりアーズ」再結成武道館ライブで盛り上がりの凄さに観に行っていた吉井さんが「1度は解散して、再結成してみたい」と冗談半分でコメントしたこともあります。
吉井さんも来年から「吉井和哉」に戻るので、いつか必ずファンを喜ばせてくれると思って待っていましょう!!
メンバーそれぞれ色んな経験を積んでさらに凄いバンドになって帰ってきてくれるといいですね!!

投稿: ぴる兄 | 2005年12月11日 (日) 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145605/7529717

この記事へのトラックバック一覧です: ☆HEAVY ROLL FOREVER☆:

« 吉井さんが | トップページ | DUDESの余韻 »