« メンテナンスのお知らせ | トップページ | 秋らしく »

『39108』遂にリリース!

お知らせしたメンテナンス無事終了したようです。  

さて今日は待ちに待った吉井和哉ニューアルバム『39108』のリリース日(正式には明日の4日)。

ファンクラブ限定ライブで新曲を聴いてから待ち遠しい日々でした。

Img_2435   

  

  

   

   

  

  

右側がプレミアム盤、大きいのがアナログ盤、小さいのが初回限定盤。

このプレミアム盤が相当、数が少ないとのことで、申し込む段階で予約できるかどうかという代物。無事入手できました。

正式な枚数は分かりませんが最初は“108”にかけて《10,800枚限定》という話もありましたが、大手以外ではお店に1枚入荷するかどうかだとお店の店長さんから聞きました。

Img_2436 値段が8,019円でその横に3に×が付いているんです(水色の下の部分)。

それを逆から読むとアルバムタイトルの『39108』になるように値段設定したような感じがします(笑)。  

  

   

   

   

帯の部分には

自分の煩悩に感謝している。

ありがとうの意味を込め、

39歳の現時点の自分という意味をこめて、

39108というタイトルにした。

語呂合わせ、駄洒落みたいなものです、

オレの人生は。

(吉井和哉)

と書いてあります。

  

今、聴きながら書いています。

このアルバムは、プロモーション活動をたくさんしてくれているので発売前から試聴でき、インタビューも多くあり、アルバムのイメージも掴めていました。

音楽チャンネルのフェスの模様も観たりもしていたので。

試聴の段階から、涙してしまうほどでした。

最初は、ヘッドフォンをしてライナーで歌詞を確認しながら、じっくり聴きました(吉井さんはピアノとシンセサイザーも演奏しているようです)。

吉井さんの楽曲は、聴くときの自分のモードで好みが変わります。どのアルバムも。

色々思う事はあるのですが、アルバムのなかに入った『BELIEVE』が凄い。

ラスト3曲『BEAUTIFUL』→『恋の花』→『BELIEVE』ときて、何度泣かせるんだと言うくらいきます。  

 

勝手な解釈ですが、前に吉井さんがインタビューでバンドは車だと話していました。

何度も聴くうちに『BELIEVE』の歌詞にでてくる「車」=「イエローモンキー」だと解釈しました。「君」と言うのが「メンバー」

そうすると、この歌が解散してここに来るまでの“集大成”ということ感じがするんです。

これは個人的な勝手な解釈なので、人それぞれの感性で聴いてください。  

 

インタビューでエンジニアの「ジム・スコット」の影響が大きいという話を聞いていて、実際の話やレコーディング風景を見ているとそれが分かる気がします。

※ジム・スコット・・・自分も大好きなレッド・ホット・チリ・ペッパーズの「カリフォルニケイション」、「バイ・ザ・ウェイ」のエンジニア、ミックスを担当。

  

地上波にも遂に登場してくれるロックスター 吉井和哉”(ミュージックステーションの出演も決まったそうです)。

気になる方は是非チェックしてみて下さい。   

プレミアム盤のオマケはフォトアルバムに追加します。。。

|

« メンテナンスのお知らせ | トップページ | 秋らしく »

吉井和哉」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

おぉ!!!
遂にリリースですね!!!
私・・・限定版はどこもなくて、予約できなかったんです(泣)
なので通常版を買います♪
今日は買いに行けなかったから、明日買いに行って来ます♪

どんな感じかな☆楽しみだな♪

投稿: フジコ | 2006年10月 4日 (水) 01:08

フジコさんへ

こんばんは!いつもありがとうございます!

遂にリリースされましたね~、すっかりヘビーローテーションです。

もうお買いになられたかもしれませんが、今ならDVDの付いている初回限定盤がいいですよ。レコーディングドキュメントやPVが観られます。

プレミアム盤はなかなか厳しいかも知れませんが・・・

アルバムは期待を裏切らない素晴らしいアルバムだと思います。

投稿: ぴる兄 | 2006年10月 4日 (水) 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メンテナンスのお知らせ | トップページ | 秋らしく »